大阪でベビーシッターの資格を取得出来る

subpage01

ベビーシッターとは、個人の家や民間の託児所などでだいたい6ヶ月から12歳までの子供の保育や世話をする仕事です。

派遣会社に登録して派遣やアルバイトとして働く人や、保育所などの企業に正社員として働いてる人もいます。保育や世話をすると言っても仕事内容は様々です。

子供と一緒に遊んだり、トイレやお風呂の手伝いや、保育園の送迎をする事もあります。
資格を持っていなくてもなれますが、資格を持っていると一定以上の能力を持っている証になるので信頼を得る事が出来ます。

ベビーシッター情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

資格はいくつか種類がありますが、公益社団法人全国保育サービス協会が認定する認定ベビーシッターと一般財団法人日本能力開発推進協会が認定するベビーシッター資格の2つが代表的です。
認定ベビーシッターの資格を取得する方法は二通りあります。

今よりもgoo ニュース情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

1つ目は全国保育サービス協会が行なっている研修会に参加して修了したら、更に実施経験を持つ方が認定試験を受ける事が出来ます。


試験に合格すると資格が取得出来ます。

研修会は、東京や大阪、名古屋で開催されます。


日程や定員が決まっているので早めに受付をしないといけません。



2つ目は資格取得指定校制度です。

全国保育サービス協会の指定した保育士を養成する学校で指定科目の他に在宅保育に関係する科目を学び、単位を取得して卒業すると資格が取得出来ます。

資格取得指定校は様々な場所にあります。

大阪だけでも9つの短大や大学があるので近い学校を選べます。
資格を取得出来たら大阪だけではなく、様々な場所で働く事が出来ます。